2019.8.14 22:36

勢い止まらない法大 先制点の大西「自信はあった」/天皇杯

勢い止まらない法大 先制点の大西「自信はあった」/天皇杯

 天皇杯全日本選手権第5日(14日、富山県総合運動公園陸上競技場ほか)アマチュアシードの法大の勢いが止まらない。2回戦のJ2東京Vに続き、J1のG大阪を撃破。先制点を挙げた大西は「J1相手だったが、自信はあった。それが積極的なサッカーにつながった」と胸を張った。

 果敢にプレスをかけ、手数をかけずゴールに迫った。前半24分には横パスに走り込んだ大西が豪快にネットを揺らす。後半25分は、181センチの森岡がCKを頭でたたき込んで突き放した。長山監督も「プラン通り」と誇った。

 7月にエース上田がJ1鹿島入りし、10日にプロ初ゴール。「天皇杯で勝てたら(上田)綺世のステージに近づける」と森岡。仲間からの刺激も原動力だ。

試合日程へ