2019.8.13 13:10

ネイマールとPSGファンの関係は修復不可能か…仏記者「戻れないところまで来た」

ネイマールとPSGファンの関係は修復不可能か…仏記者「戻れないところまで来た」

ネイマールとPSGファンの関係は修復不可能か…仏記者「戻れないところまで来た」

ネイマールとPSGファンの関係は修復不可能か…仏記者「戻れないところまで来た」【拡大】

 ブラジル代表FWネイマールは、もうパリサンジェルマン(PSG)サポーターとの関係が修復不可能となっているのだろうか。英『スカイスポーツ』が伝えている。

 今夏の去就が注目されるネイマール。すでにPSGのレオナルドSDは選手が退団希望を伝えてきたと明かしている。これまで古巣バルセロナが最も接近していることが伝えられており、PSG側も態度を軟化させ、5000万ユーロ(約59億円)+フィリペ・コウチーニョ、ネルソン・セメドの譲渡でオファーを受け入れる可能性があることが『Goal』の取材で明らかとなっている。しかし、ここに来てRマドリードも同選手にアプローチしており、ジネディーヌ・ジダン監督も「Go」サインを出したとスペインメディアで報じられている。

 そんなネイマールだが、11日に行われたレンヌとのリーグ・アン開幕戦(3-0)ではベンチ外となっていた。しかし、PSGファンはネイマールに対して「クソ野郎」というチャントを歌い、「出て行け」というバナーも散見された。

 この状況について、『ESPN』でPSG番記者を務めるなどフランスに精通するジョナサン・ジョンソン氏は、「もう戻れない所まで来た」と語っている。

 「(バナーを出したことは)ファンはネイマールがチームに戻ってプレーすることを受け入れないという、非常に明確なメッセージだ。彼らは去って欲しいと望んでいる。過去2年間で、ネイマールがクラブのプロジェクトにコミットしているとは感じていない。Rマドリードとバルセロナは、PSGファンが彼を望んでいないことも理解している」

 「ネイマールとPSGファンの関係は、戻れない所まで来ているように感じる。ウルトラスと揉めた選手が良い形で戻ってくることは非常に稀だ。今はPSGにおけるネイマール時代の分岐点であり、戻ってきても受け入れられる方法はない。最終的には、それを終わらせると思っている」

 「まだチームメイトの支持を受けているが、ファンの彼に対する振る舞いを見れば将来的にパリで再びピッチに立つことは考えにくい。彼らにとって、ネイマールはもはやPSGの選手ではないんだ」

 欧州主要リーグの移籍市場閉幕まで、残り約3週間。ネイマールはどこへ向かうのだろうか。(Goal.com)