2019.8.2 11:30

【J試合情報】浦和レッズvs名古屋グランパス 第21節

【J試合情報】

浦和レッズvs名古屋グランパス 第21節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・浦和対名古屋の通算55試合では、浦和が21勝5分29敗と負け越している。浦和にとって名古屋は、総失点と1試合平均失点が最も多い相手(計97失点、1試合平均1.76失点)。

 ・浦和は名古屋戦で現在、2003年11月~2004年11月以来の2連敗中(当時3連敗)。今カードではそれ以前に3連勝を記録していた。

 ・浦和はホームでの名古屋戦直近8試合で7勝(1敗)。この間、全試合で得点を挙げている(1試合平均2.3得点)。

 ・浦和はホーム戦で現在、2018年9月~10月以来となる3試合連続無敗(2勝1分)。この間、1度も複数失点を喫していない(1試合平均0.7失点)。

 ・名古屋はアウェイ戦で現在9試合連続未勝利(4分5敗)。敵地での連続未勝利としては、2016年シーズンに記録した13試合連続以降でクラブワースト。

 ・名古屋はシュート数が今季リーグ最多(308本)。対する浦和は被枠内シュート数が今季リーグで3番目に多い(101本)。

 ・興梠慎三が今季得点を決めたJ1の試合では、浦和は8戦負けなし(7勝1分)。唯一の引き分けは直近の試合となった鹿島戦でのもの(1-1、2019年7月31日)。

 ・ジョーは名古屋が浦和戦で挙げた直近5得点のすべてに直接関与している(4得点1アシスト)。同選手にとって浦和は、最も多く得点に直接関与している相手(4得点2アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta