2019.8.2 11:30

【J試合情報】FC東京vsセレッソ大阪 第21節

【J試合情報】

FC東京vsセレッソ大阪 第21節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・FC東京対C大阪の通算25試合では、FC東京が7勝7分11敗と負け越している。FC東京にとってC大阪戦は、浦和戦(20%)、鹿島戦(27%)に次いで3番目に勝率が低い対戦カード(28%)。

 ・FC東京はC大阪戦で現在5連敗中であり、3試合連続無得点に終わっている。今カードで勝利を挙げたのは、2014年4月のホーム戦が最後(2-0)。現在進行中の同一カードでの連敗としては、クラブワーストを記録する相手。

 ・FC東京は直近4試合で3勝を挙げている(1敗)。勝利を挙げた3試合ではいずれも複数得点を記録。それ以前の4試合では3敗を喫していた(1勝)。

 ・FC東京はホーム戦直近5試合で8失点を喫している(1試合平均1.6失点、3勝2敗)。本拠地でのそれ以前の14試合で喫した失点数と等しい(1試合平均0.6失点、8勝2分4敗)。

 ・C大阪は現在、2018年4月~5月以来となる5試合連続無敗(3勝2分)。この間、4試合で無失点に抑えている。

 ・C大阪は無失点試合数が今季リーグ最多(11試合)。対するFC東京は、同試合数がC大阪に次いで今季リーグで2番目に多い(9試合)。

 ・C大阪は今季のアウェイ戦で、失点を喫した試合では勝利を挙げていない(6試合:2分4敗)。しかし、敵地で得点を挙げた試合では、現在19戦連続無敗(12勝7分)。

 ・永井謙佑はFC東京がホーム戦で挙げた直近6得点のうち、5点に直接関与している(3得点2アシスト)。2つのアシストは、いずれもディエゴ・オリヴェイラへのもの。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta