2019.8.2 11:30

【J試合情報】横浜F・マリノスvs清水エスパルス 第21節

【J試合情報】

横浜F・マリノスvs清水エスパルス 第21節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・横浜FM対清水の通算57試合では、横浜FMが25勝11分21敗と勝ち越している。横浜FMにとって清水戦は、アウェイでは勝ち越しているが(17勝5分7敗)、ホームでは負け越している対戦カード(8勝6分14敗)。

 ・横浜FMは清水戦で現在、2006年シーズン以来の2連敗中。今カードでのそれ以前の19試合で喫した敗戦数と等しい(10勝7分2敗)。

 ・横浜FMはホームでの清水戦で現在3試合連続未勝利(1分2敗)。本拠地での今カードでは、それ以前に3連勝を記録していた(2012年~2014年)。

 ・横浜FMはホーム戦で現在6連勝中であり、今季10試合で無敗(7勝3分)。今節でも勝利を挙げると、本拠地ではクラブ史上ベストの7連勝となる。

 ・清水は現在、2005年7月~11月以来となる12試合連続失点中(1試合平均2.1失点、4勝2分6敗)。今季無失点に抑えたのは、2019年4月20日のC大阪戦だけ(1-0)。

 ・清水はアウェイ戦直近6試合でわずか1勝(2分3敗)。また、敵地では現在、2014年4月~11月以降ではクラブワーストとなる12試合連続失点中(1試合平均2.1失点)。

 ・清水は後半に喫した失点数が今季リーグワースト(25失点)。対する横浜FMは同時間帯に挙げた得点数が、川崎と並んで今季リーグで3番目に多い(19得点)。

 ・怪我での離脱が発表されたエジガル・ジュニオは、横浜FMがホーム戦で挙げた直近7得点のうち、5点を決めていた。対する清水のドウグラスは、清水がアウェイ戦で挙げた直近6得点のうち、4点を決めている。

※ファクト内の数字はJ1での成績