2019.8.2 11:30

【J試合情報】ヴィッセル神戸vsガンバ大阪 第21節

【J試合情報】

ヴィッセル神戸vsガンバ大阪 第21節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・神戸対G大阪の通算41試合では、神戸が14勝8分19敗と負け越している。神戸にとってG大阪は、現在J1に在籍しているチームの中で、1試合平均の失点数が最も多い相手(1試合平均2.15失点)。

 ・神戸はホームでのG大阪戦直近8試合でわずか1勝(1分6敗)。また、本拠地での今カードでは、通算20試合の全てで失点を喫している(1試合平均2.4失点)。

 ・神戸は現在3連敗中。また、2018年8月~9月以来となる5試合連続複数失点を喫している(1試合平均2.4失点、1勝1分3敗)。

 ・神戸は金曜日開催の通算6試合で1度も勝利を挙げていない(1分5敗)。対するG大阪は、同曜日開催試合で現在4戦連続無敗(3勝1分)。

 ・G大阪は直近9試合でわずか1敗しかしていない(4勝4分)。それ以前の7試合では5敗していた(2分)。

 ・G大阪はアウェイ戦直近8試合でわずか1勝(3分4敗)。敵地では、それ以前の7試合で6勝を挙げていた(1敗)。

 ・G大阪は今節得点を挙げると、J1史上では鹿島に次いで2クラブ目の通算1,500得点を達成する(現在1,499点)。

 ・G大阪への期限付き移籍が発表されたパトリックは、optaがJ1のデータ集計を始めた2015年シーズン以降、リーグ最多のデュエル勝利数(1030)、空中戦回数(1403)、空中戦勝利数(787)を記録している。また、空中戦勝率は同期間に600回以上の空中戦を記録したFW登録選手の中でリーグベスト(56.1%)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta