2019.7.21 11:55

久保建英のレアルデビュー戦に現地紙称賛「クボ契約は見事な取引-左足は黄金」

久保建英のレアルデビュー戦に現地紙称賛「クボ契約は見事な取引-左足は黄金」

特集:
久保建英
久保建英のレアルデビュー戦に現地紙称賛「ファンは彼にトップチームで居場所を与えることを求めるだろう」

久保建英のレアルデビュー戦に現地紙称賛「ファンは彼にトップチームで居場所を与えることを求めるだろう」【拡大】

 エデン・アザールのデビューや、ロドリゴの鮮烈ゴールがあった中でも、久保建英のパフォーマンスの高さは現地でも注目を集めているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

 Rマドリードは20日、ICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)でBミュンヘンと対戦。ジネディーヌ・ジダン監督は新加入のアザールを先発に選出。一方で、ルカ・ヨヴィッチやフェルラン・メンディ、久保らはベンチスタートとなった。

 そして1点ビハインドの後半から、新戦力たちをまとめて投入。26番をまとった久保は「白い巨人」でデビューを飾った。中盤の左インサイドハーフでの出場となったが、積極的なボールタッチで攻撃の起点となり、時にはドリブル突破やスルーパスでもスタジアムを沸かせている。

 試合には1-3と敗れたものの、現地メディアが何より注目したのは久保。「クボ契約は見事な取引-左足は黄金」と見出しを打って讃えた。

 「ファンは彼にトップチームで居場所を与えることを求めるだろう。話題に上げているのは日本人の久保建英についてだ。彼は後半に背番号26をつけてピッチに立ち、その年齢に似合わず怖いもの知らずのプレーを見せた」

 「しかし久保の最高の部分は勇敢さではなく、その左足だ。彼のボール扱いはスペクタクルで、プレービジョンは傑出している。62分にライン間のパスでヴィニシウスをフリーにした場面は、スタジアムを訪れたファンを驚かせた。彼は決定的な選手であり、2部Bは彼にとても、とても、とても物足りないリーグとなるだろう。マドリーは見事な取引をしたように思える。クボでもタケでも好きに呼べばいいが、彼はクラックだ」

 現地実況では「レアルの後半のベストプレイヤー」とも呼ばれた久保。結果こそ苦いものとなったが、新天地での第一歩は上々と言えそうだ。(Goal.com)

  • レアルサポーター=NRGスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • レアルサポーター=NRGスタジアム(撮影・蔵賢斗)