2019.7.21 12:33

松本・前田大が欧州挑戦!マリティモへ期限付き移籍「東京五輪で活躍するには」

松本・前田大が欧州挑戦!マリティモへ期限付き移籍「東京五輪で活躍するには」

特集:
前田大然
松本・前田大が欧州挑戦!マリティモへ期限付き移籍「東京五輪で活躍するには」

松本・前田大が欧州挑戦!マリティモへ期限付き移籍「東京五輪で活躍するには」【拡大】

 松本山雅FCは21日、日本代表FW前田大然(21)がCSマリティモ(ポルトガル1部)に期限付き移籍することを発表した。期限は2020年6月30日までとなっている。

 先月にブラジルで行われたコパ・アメリカにおいて日本代表にも名を連ねた前田は、山梨学院大附属高校卒業後の2016年に松本入り。2017年に期限付き移籍した水戸ホーリーホックで明治安田生命J2リーグ36試合13ゴールの結果を残してブレイクを果たし、今シーズンもここまでJ1リーグ18試合で2ゴールを記録している。快足を武器とするストライカーだ。

 前田は、「2020年の東京オリンピックで日の丸をつけて活躍するには、自分自身もっと成長しなくてはならないと思い海外にチャレンジする決断をしました」と、欧州挑戦への思いをコメント。

 さらに、以下のように続け、チームやサポーターへの感謝を伝えた。

 「J1でのチャレンジの途中でチームを離れるにあたり、チームメイト、監督、コーチ、スタッフをはじめクラブの皆さんに理解していただき、今回の移籍をサポートしてくれたことには感謝しかありません」

 「またサポーターの皆さんには昨日の試合のときに直接ご挨拶ができずに旅立つことになり申し訳ありません。松本山雅はファン・サポーターあってのクラブで、その一員として戦えたこと誇りに思います。ありがとうございました」

 最後に「次に日本に来るときは日の丸を着けて、ピッチで躍動してる姿を見せられるよう、しっかりポルトガルで結果を出してきます」と意気込んだ前田の、これからの飛躍に期待がかかる。(Goal.com)