2019.7.19 20:33

日本サッカー協会、新国立運営権取得に興味

日本サッカー協会、新国立運営権取得に興味

 東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場の大会後の民営化で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が19日、運営権取得に関心のある事業者への日本スポーツ振興センター(JSC)の意向調査に応募したことを明らかにした。「新国立を負の遺産としないためコンセッション方式に興味がある。競技団体として唯一手を挙げた」と語った。

 新国立競技場は大会後に球技専用に改修される方針だったが、収益の柱と見込むコンサートが実施しにくくなることなどからトラック存続の動きも出ている。

 田嶋会長は「コンサートも年に7回から10回しかできない。どうやって収益を上げていくか知恵を出し合わないと。サッカーでできること、欧州でのスタジアム運営方法のノウハウも含めて提案できる」と話した。