2019.7.16 07:52

FW大量流出で武藤嘉紀にチャンス到来?A・ペレスに続きホセルの退団が決定

FW大量流出で武藤嘉紀にチャンス到来?A・ペレスに続きホセルの退団が決定

特集:
武藤嘉紀
FW大量流出で武藤嘉紀にチャンス到来?A・ペレスに続きホセルの退団が決定

FW大量流出で武藤嘉紀にチャンス到来?A・ペレスに続きホセルの退団が決定【拡大】

 ニューカッスル・ユナイテッドのFWホセルがアラベスに移籍することが決まった。

 2017年夏にストーク・シティからニューカッスルに加入したホセルは、2シーズンで52試合に出場して7ゴールを記録。しかし15日、29歳のスペイン人FWはプレミアリーグでの挑戦に終止符を打ち、母国のアラベスでプレーすることが発表された。

 これを受け、ニューカッスルの前線のコマ不足は深刻に。昨シーズンのチーム得点王であるアジョセ・ペレスはレスター・シティに移籍し、昨夏にローンで加入したサロモン・ロンドンは所属先のウェストブロミッジ・アルビオンに帰還する。そして、ホセルの退団までもが決まってしまった。

 残されたFWは日本代表FWの武藤嘉紀と、昨シーズンまでウェストブロミッジにローン移籍し、今夏に復帰するドワイト・ゲイルのみ。残されたメンバーで昨シーズンに最も得点を奪ったのがDFのファビアン・シェア(4点)とキアラン・クラーク(3点)と新シーズンに向けて緊急事態だ。

 さらに、先日にラファエル・ベニテス前監督の退任が発表されたものの、新シーズンの開幕まで4週間を切った段階で依然として後任が決まっていない。それでも15日に新指揮官候補に挙がるスティーブ・ブルース監督がシェフィールド・ウェンズデーを辞任したことが発表されており、就任に近づくと考えられている。

 しかし、イングランドでは現地時間8月8日に移籍市場が閉幕を迎えるため、前線の補強を進めたいニューカッスルに時間はあまり残されていない。(Goal.com)