2019.7.15 15:09

ネイマールの爆弾発言を父親が弁明「PSGを軽視するつもりはなかった」

ネイマールの爆弾発言を父親が弁明「PSGを軽視するつもりはなかった」

ネイマールの爆弾発言を父親が弁明「PSGを軽視するつもりはなかった」

ネイマールの爆弾発言を父親が弁明「PSGを軽視するつもりはなかった」【拡大】

 パリサンジェルマン(PSG)FWネイマールの父親が、息子の発言に深い意味はなかったと主張している。自身インスタグラムを通して伝えた。

 負傷による欠場が目立つものの、PSGのエースとして2018-19シーズンも28試合23ゴール13アシストの数字を残したネイマール。しかし、今夏には古巣バルセロナへの復帰が噂されており、その動向が注目を集めている。

 しかし、そんな渦中のネイマールは先日、「キャリア最高の瞬間」がバルセロナ時代にPSGに6-1で勝利したことだとコメント。

 2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのその試合では、バルセロナがファーストレグで0-4の完敗を喫していたこともあり劇的な逆転劇となったが、まるでPSGを軽視するかのような発言に様々な憶測が飛び交った。

 しかし、ネイマールの父親は息子にそのような意図はなかったと主張している。

 「私の息子に、2017年にその試合をしたPSGやプレーした選手たちを軽視するつもりはなかった。何人かは現在の同僚なんだ」

 「キャリアの節目となった出来事を思い出すことを、失礼だとみなすことはできない。私の息子はPSGの選手だが、自分の足跡も無視できないんだ。それは彼をフランスのクラブにまで到達させてくれた出来事だ」(Goal.com)