2019.7.14 09:25

久保、スペイン紙の1面飾る!「考えられていたよりトップチームに近い」

久保、スペイン紙の1面飾る!「考えられていたよりトップチームに近い」

久保、スペイン紙の1面飾る!「考えられていたよりトップチームに近い」

久保、スペイン紙の1面飾る!「考えられていたよりトップチームに近い」【拡大】

 Rマドリードに加入したFW久保建英は、スペインでも大きな注目を浴びている。スペインのスポーツ新聞『アス』は14日付の1面で、「クボマニア(熱狂の久保)」との見出しとともに久保の写真を掲載した。

 日本人選手が、スペインの新聞でついに1面を飾る日が訪れた。スペインのスポーツ全国紙では、『マルカ』に次ぎ2番目の発行部数を誇る『アス』が、久保の姿を同国の隅々にまで届けることを決めたのだ。

 久保が1面を飾った理由、それはRマドリードのトップチームとともに臨むカナダ合宿で、そのポテンシャルが認められたためである。今季はRマドリードのBチーム、カスティージャでプレーする予定の久保だが、『アス』曰く今回のカナダ合宿ではトップチームのコーチ陣を「驚かす」プレーを見せているとのこと。コーチ陣は久保が「考えられていたよりもトップチームに近い存在」と捉えているようだ。

 その一方で『アス』は、久保がRマドリードに加入する前に交渉していたバルセロナの下部組織コーチングスタッフのコメントも紹介。過去に久保が在籍しながらも再獲得を控えたバルセロナだが、下部組織のコーチたちは「バルサにとって尾をひくことになる最大級の過ち」「彼は一時代を築くはずの選手だった」と、自クラブの判断に嘆きを入れたとのことだ。(Goal.com)