2019.7.14 08:00

グリーズマン弁護士がアトレティコ批判「悪意ある行動に出た」

グリーズマン弁護士がアトレティコ批判「悪意ある行動に出た」

グリーズマン弁護士がアトレティコ批判「悪意ある行動に出た」

グリーズマン弁護士がアトレティコ批判「悪意ある行動に出た」【拡大】

 Aマドリードからバルセロナへの移籍が決定したFWアントワーヌ・グリーズマンの担当弁護士セヴァン・カリアン氏が、アトレティコを痛烈に批判した。

 アトレティコとの契約解除金1億2000万ユーロが支払われてフリーとなり、バルセロナ加入が決定したグリーズマン。しかしアトレティコ側は、解除金が2億ユーロから1億2000万ユーロに下がる7月以前にグリーズマンとバルセロナが交渉で合意していたとして、両者に2億ユーロの支払いを要求し、法的手段に出る考えも示している。

 アトレティコのこの姿勢にに対して、カリアン氏は怒りの声をあげる。フランス『レキップ』に対して、アトレティコが以前に交わした約束を反故にしていることを強調した。

 「アントワーヌはアトレティコの態度に大きな失望を覚えているよ。彼らは悪意を持って行動しており、内々に話していたことは逆のことをしている」

 「彼らがもし法的手段を講じることが好ましいと考えるならば、どうぞ、そのようにすればいい。私たちは必要な手段を講じるのみだ」

 「現状、アントワーヌはそのキャリアにおける新たな章への突入だけに集中しているよ。彼は新たな家となる場所を見出すことだけを望んでいる」(Goal.com)