2019.7.14 17:16

ドルトムントでプレシーズンマッチ出場の香川、クラブ首脳は「話し合った上で決めた」

ドルトムントでプレシーズンマッチ出場の香川、クラブ首脳は「話し合った上で決めた」

ドルトムントでプレシーズンマッチ出場の香川、クラブ首脳は「話し合った上で決めた」

ドルトムントでプレシーズンマッチ出場の香川、クラブ首脳は「話し合った上で決めた」【拡大】

 ドルトムントでまさかの復帰を果たしたMF香川真司に注目が集まっている。地元紙『ルールナハリヒテン』が報じた。

 昨季はルシアン・ファーブル監督の元で構想外となっていた香川。しかし、12日からドルトムントのプレシーズンに合流すると、シュヴァインベルクとの親善試合にも途中出場。背番号32をまとう新たな姿で1ゴールを挙げ、アピールに成功していた。

 メンバーはU-23チームの選手が多く先発していたが、ドルトムント・ライセンスプレーヤー部のトップを務めるセバスティアン・ケールは香川の出場について「カガワは1~2日前に戻ってきた。彼は我々との契約がある。(移籍先が)具体的に決まっていないため、スカッドに含めたということだ。普通のことだよ。もちろん、彼とは状況については話し合ったうえで決めたことだ」と話すにとどめている。

 なお、ドルトムントは15日からアメリカツアーに出発予定。帯同メンバーは発表されていないが、香川の動向とともに注目が集まるところだ。(Goal.com)