2019.7.14 19:50

F1英GPのサーキットにモウリーニョ氏登場「フットボール以外を楽しむ良い機会」

F1英GPのサーキットにモウリーニョ氏登場「フットボール以外を楽しむ良い機会」

F1英GPのサーキットにモウリーニョ氏登場「フットボール以外を楽しむ良い機会」

F1英GPのサーキットにモウリーニョ氏登場「フットボール以外を楽しむ良い機会」【拡大】

 現場から離れ、フリーの状態が続いているジョゼ・モウリーニョが、今後の展望について言及した。

 モウリーニョは13日、イギリス、シルバーストーンで行われている2019年のF1グランプリ第10戦、イギリスグランプリの公式予選を現地観戦。イギリス『スカイスポーツ』から取材を受け、現状と今後について語っている。

 「私は常にいい話を待っているし、いつだってベンチに戻るつもりではある。正しい方向性のプロジェクトを示してくれたら、私は迷わずその話を受けるだろう」

 またモウリーニョは12日にはテニスのグランドスラム、ウィンブルドン大会男子シングルス準決勝を現地観戦。試合後には決勝進出を決めたノバク・ジョコビッチが『Instagram』でモウリーニョとの2ショット写真をアップし「レジェンドに写真をおねだりしちゃったよ」とのメッセージを添えていた。そして13日にはF1グランプリが開催されているサーキットを訪れるなど、フットボール以外のスポーツ会場へと積極的に足を運んでいる状況だ。

 そのことについて問われると「私は今、無所属なわけだからね。やりたいことをやっているんだ。私はフットボールだけでなく他のスポーツも大好きだから、フットボール以外のスポーツを楽しむ良い機会だと思っている」と述べている。

 モウリーニョが監督としてのキャリアをスタートさせてから、フリーの状態が長く続いたのはチェルシー指揮官の座を更迭となり、インテルミラノで再スタートするまでの9カ月間(2007年9月~2008年6月)だった。

 2018年12月、マンチェスターUの指揮官を解任され、もうすぐフリー期間が8カ月目に突入するモウリーニョ。新シーズンはどのチームを指揮するのか現時点で不明な状況となっているが、サッカー以外の様々なスポーツを現地観戦するなど、充実したオフ期間を楽しんでいるようだ。(Goal.com)