2019.7.14 21:52(1/2ページ)

川崎が首位FC東京を3発粉砕で14戦無敗…小林がJ1通算100ゴール

川崎が首位FC東京を3発粉砕で14戦無敗…小林がJ1通算100ゴール

特集:
安部裕葵
川崎が首位FC東京を3発粉砕で14戦無敗…小林がJ1通算100ゴール

川崎が首位FC東京を3発粉砕で14戦無敗…小林がJ1通算100ゴール【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第19節が14日に行われ、FC東京と川崎フロンターレが味の素スタジアムで対戦した。

 両者は今季の開幕戦でいきなり顔合わせ。0-0のスコアレスで決着。今回で通算34回目となる“多摩川クラシコ”は、勝ち点39で首位を快走するFC東京が、勝ち点32で4位につける川崎Fをホームに迎えた。

 FC東京は現在2連勝中と好調。前節は永井謙佑の2発など3ゴールを奪い、ガンバ大阪に快勝を収めた。先発はそのG大阪戦から変更はなく、最前線には永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラの強力2トップが並んだ。

 対する川崎Fはリーグ戦13試合無敗を継続中。しかし直近の5試合では2勝3分と勝ち切れない状況が続いており、前節もホームで下位に低迷するサガン鳥栖と0-0のスコアレスドローに終わった。大一番に向けた先発は前節から中盤で4人の変更があった。中村憲剛、齋藤学、下田北斗、阿部浩之らがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤、FC東京が落ち着いてパス回しを行うのに対し、川崎Fが前からのプレスで対応。FC東京のサイド攻撃を許さない。

 FC東京は9分に高萩洋次郎のスルーパスに抜け出したD・オリヴェイラが、切り返して左足シュートを放つもこれは決まらず。一方の川崎Fは12分に阿部が左足で狙ったが、枠の右に外れた。

 すると20分、試合が動く。左CKを得た川崎Fは下田が左足で中へボールを送ると、小林悠が相手のマークを外してドンピシャヘッド。これが決まり、アウェイの川崎Fが先制に成功した。小林はこのゴールがJ1通算100得点のメモリアル弾となった。

 その後は追加点を狙う川崎Fがボールポゼッションを高めて押し込む展開に。47分にも川崎Fらしいパスワークから中村がシュートを放つも、GK林彰洋がセーブ。こぼれ球に齋藤が反応したが、これも林にストップされた。

 川崎Fは54分、完璧な崩しで追加点を奪う。PA手前中央から中村が小林に展開。小林がダイレクトで折り返すと、走り込んでいた齋藤がゴールに流し込んで2点目を奪取。川崎Fが貴重な追加点を獲得した。

 さらに69分、下田のラストパスを受けた阿部がPA手前から左足シュート。美しい弾道を描いた一撃がゴール左に決まり、川崎Fが勝利を手繰り寄せる3点目を奪取した。

【続きを読む】

  • 試合に勝利し、喜び合う川崎イレブン=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、先制のゴールを決める川崎・小林(右)=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、小林のJ1通算100ゴールを祝う川崎サポーター=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、先制のゴールを決め、谷口(右)と喜び合う川崎・小林=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、チーム2点目となるゴールを決める川崎・斎藤=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、チーム3点目となるゴールを決める川崎・阿部=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)