2019.7.13 23:46

浦和・槙野「レフェリーにもミスはある」 判定にも泣き敗戦

浦和・槙野「レフェリーにもミスはある」 判定にも泣き敗戦

後半、横浜M・仲川のゴール判定を巡り、松尾主審(中央右)に抗議する浦和・槙野(同左)=日産スタジアム

後半、横浜M・仲川のゴール判定を巡り、松尾主審(中央右)に抗議する浦和・槙野(同左)=日産スタジアム【拡大】

 明治安田J1第19節第1日(13日、横浜M3-1浦和、日産ス)浦和は判定にも泣き、今季の横浜M戦は2戦2敗となった。後半14分の2失点目はオフサイドの位置と思われた仲川の得点が認められた。終盤の3点目はハンドによるPKからだったが、これも微妙。大槻監督はぶぜんとした表情を見せながらも不満は述べず「全ては僕に責任がある」と語った。

 自陣でのきわどい判定が続くのも、ゴール前でピンチを招く場面が多かったから。DF槙野は「レフェリーにもミスはある。そもそもゴール前まで持っていかれているのが問題」と反省を口にした。

試合結果へ勝敗表へ

  • 横浜M-浦和前半、体を張って守る浦和・槙野(右)=日産スタジアム
  • 横浜M-浦和前半、攻め込む横浜M・仲川。左は浦和・GK西川=日産スタジアム