2019.7.13 22:36

鳥栖、無得点で最下位転落 金明輝監督「点を取る回数をつくれなかった」

鳥栖、無得点で最下位転落 金明輝監督「点を取る回数をつくれなかった」

広島に敗れた鳥栖の金明輝監督(左)=駅スタ

広島に敗れた鳥栖の金明輝監督(左)=駅スタ【拡大】

 明治安田J1第19節第1日(13日、鳥栖0-2広島、駅スタ)鳥栖は思うように攻撃の形をつくれず無得点。3試合ぶりの黒星で最下位に転落した。金明輝監督は「申し訳ない。点を取る回数をつくれなかった。力足らず」と肩を落とした。

 無理に前から守備をせず、ブロックをつくる広島に対し、攻撃に詰まる場面が多かった。金崎や原がドリブルから突破を図ったが得点には至らず、逆にセットプレーと速攻から失点。集中力を欠いたプレーに監督は「足が止まってやるべきことができなかった」と終盤の運動量を課題に挙げた。

試合結果へ勝敗表へ

  • 広島に敗れ、肩を落とす鳥栖の(右から)金崎、フェルナンドトーレスら=駅スタ
  • 鳥栖-広島前半、競り合う鳥栖・フェルナンドトーレス(上)と広島・佐々木=駅スタ
  • 鳥栖-広島前半、競り合う鳥栖・クエンカ(左)と広島・川辺=駅スタ
  • 鳥栖-広島前半、広島・パトリック(中央)と競り合う鳥栖・高橋秀(左)と原川=駅スタ