2019.7.13 14:31

フランクフルト鎌田、再び親善試合でゴール!「俊敏で的確」と賛辞

フランクフルト鎌田、再び親善試合でゴール!「俊敏で的確」と賛辞

特集:
鎌田大地
フランクフルト鎌田、再び親善試合でゴール!「俊敏で的確」と賛辞

フランクフルト鎌田、再び親善試合でゴール!「俊敏で的確」と賛辞【拡大】

 フランクフルトMF鎌田大地が、プレシーズンマッチで結果を残した。

 現地時間12日、スイスでトレーニングキャンプ中のフランクフルトは、地元スイスのルツェルンとトレーニングマッチを行った。この試合では長谷部誠と鎌田大地が先発出場。開始8分、ダニー・ダ・コスタのお膳立てを受けた鎌田がネットを揺らし、先制点をマークすると、17分にフランクフルトは追加点。その後44分に失点したが、71分にゴンサロ・パシエンシアが3点目を決め、試合は3-1でフルタイムを迎えた。

 この試合で見せた鎌田のプレーについて、ドイツメディア『hessenschau』は「鎌田大地は俊敏な動きを見せ、ピッチ内では常に的確な選択をしていた」と評している。

 18-19シーズンはシント=トロイデンでプレーし、リーグ戦24試合12ゴールをマークした鎌田。今季は保有権を持つフランクフルトへレンタルバックとなったが、先日のバート・ホムブルクとの親善試合でも2ゴールを挙げている。新シーズンに向けて好調を維持しているようだ。

 アディ・ヒュッター監督も「昨シーズンよりも大きく成長しているし、自信を深めたのか、ピッチ上での安定感も持ち合わせている」と語るなど、来季はフランクフルトでポジションを掴むかもしれない。(Goal.com)