2019.7.11 21:08

元マンU同僚、C・ロナに苛立ち?「何回跨ぐか分からなくて…」

元マンU同僚、C・ロナに苛立ち?「何回跨ぐか分からなくて…」

元マンU同僚、C・ロナに苛立ち?「何回跨ぐか分からなくて…」

元マンU同僚、C・ロナに苛立ち?「何回跨ぐか分からなくて…」【拡大】

 かつての同僚が、マンチェスターU時代のFWクリスティアーノ・ロナウドを「苛立たしい」選手だったと形容している。『AmericanGambler.com』が伝えた。

 サッカー界最高の選手の1人であり、多くの栄冠に輝いてきたC・ロナウド。クラブレベルではチャンピオンズリーグ(CL)を5度制し、ポルトガル代表としてはUEFAユーロやUEFAネーションズリーグの王者に輝いた経験を持つ。

 特筆すべきはその得点力であり、現在では“ゴールマシーン”と形容されることもあるC・ロナウドだが、かつてはテクニカルなドリブルを存分に披露。しかし、ドリブラーとして活躍した若きC・ロナウドは、あまりチームメイトに良い顔をされていなかったようだ。

 2003年から2006年までマンチェスター・Uで過ごしたジョナサン・スペクター(現ハイバーニアン)が、以下のように回想している。

 「彼は苛立たしい選手だった。多くの能力を有していることも見て取れたが、まだ完成していなかったことも分かるだろう」

 「ロナウドがボックスにボールを入れる前に何回(ボールを)跨ぐか分からなくて、ルート・ファン・ニステルローイが本当に不満に思っていただろうことも目にすることができた。ラストパスがなかなか届かないんだ」

 とはいえ、スペクターは「1対1で相手に勝つことができていて、彼が非常に特別な選手になることも明らかだった」とも語っており、C・ロナウドの才能は当時から際立っていたようだ。(Goal.com)