2019.6.25 20:43

堂安、久保建や三好に「負けじと頑張りたい」

堂安、久保建や三好に「負けじと頑張りたい」

特集:
三好康児
堂安律
子供たちとドリブルで対決する堂安

子供たちとドリブルで対決する堂安【拡大】

 日本代表のMF堂安律(21)が25日、都内で行われた、高級時計ブランド「ウブロ」のチャリティーイベントに参加した。

 この日、南米選手権に参加している東京五輪世代中心の日本代表はエクアドルに1-1で引き分け1次リーグ敗退が決まった。同世代の活躍する姿を見た堂安は「ありがたいというか、感謝でしかない。それを拒否するようじゃサッカー選手として上には行けない。負けじと頑張りたい」と今大会でMF久保、MF三好らが台頭したことで2列目の争いがさらに活発化することを歓迎した。

 集まったサッカー少年、少女たちと交流した堂安は終始笑顔。子供たちとドリブル勝負で狭い特設コートで10人の子供たちを相手にするとさすがの堂安もボールを奪われたが、キックターゲットではさすがの技を披露。日本代表の実力を間近で見た子供たちからは歓声があがった。

 イベントの最後には16日に21歳の誕生日を迎えた堂安をケーキで祝福。「21年間で一番働いた1年だった」とシーズンを振り返った堂安。子供から将来の夢について問われると「(欧州)チャンピオンズリーグで優勝すること」と力強く宣言した。