2019.6.24 05:03(1/2ページ)

衝撃弾再び!三好、2戦連発誓った「自信を確信に変えたい」/南米選手権

衝撃弾再び!三好、2戦連発誓った「自信を確信に変えたい」/南米選手権

特集:
三好康児
練習でストレッチを行う三好(手前)。ウルグアイ戦の再現を狙う。奥は中島(撮影・甘利慈)

練習でストレッチを行う三好(手前)。ウルグアイ戦の再現を狙う。奥は中島(撮影・甘利慈)【拡大】

 サッカー・日本代表合宿(22日、ブラジル・ベロオリゾンテ)南米選手権1次リーグC組で、1分け1敗の勝ち点1で3位につける日本は24日午後8時(日本時間25日午前8時)から、4位エクアドルとの第3戦を迎える。この日は試合が行われる当地で練習。勝てば1次リーグ突破が見えてくる大一番に向け、ウルグアイ戦の2ゴールで一躍注目を浴びたMF三好康児(22)=横浜M=が2戦連続弾を誓った。

 「美しい地平線」を意味するブラジル南東部のベロオリゾンテ。その名の通り、沈む夕日が街を染める頃、練習を切上げたMF三好が力強く口を開いた。

 「2ゴールは自信になるし、勢いを持って次の試合に向かっていける。1試合で終わったら意味がない。この自信を確信に変えたい」

 優勝候補のウルグアイから衝撃の2ゴールを奪ってから2日。FWスアレス(バルセロナ)らを抑えてマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた三好の元には日本から多くの祝福の声が届き、「それだけ大きな舞台で結果を残せた」と実感。この日、先発組は2日連続で軽めの調整。24日のエクアドルとの1次リーグ最終戦に向けて、体力回復に努めた。

 エクアドルは国際連盟(FIFA)ランキング60位で日本は28位。日本は勝てば、決勝トーナメント進出が決まる可能性が高い。23日のB組の結果次第ではさらに追い風が吹く。「ここで負けたら何も意味がない。今まで以上の準備をしていかなきゃいけない」。22歳は2戦連続ゴールに意欲を燃やす。

 0-4と大敗したチリ戦から修正し、ウルグアイから勝ち点1をもぎ取った。そんな東京五輪世代が中心の若いチームについて、GK川島とFW岡崎のベテラン2人は「普段はおとなしくあまり意見もないけど、試合になると大胆。物おじしない」と口をそろえる。果敢なドリブル突破から生まれた三好の初ゴールに、この世代の勇猛さが出ていた。

【続きを読む】

  • 練習する三好康児=ブラジル・ベロオリゾンテ(撮影・甘利慈)
  • ランニングをする三好康児(中央)ら=ブラジル・ベロオリゾンテ(撮影・甘利慈)
  • 練習する岡崎慎司=ブラジル・ベロオリゾンテ(撮影・甘利慈)
  • エクアドル戦に向け調整する三好(右)ら=ベロオリゾンテ(共同)
  • エクアドル戦に向け調整する久保建=ベロオリゾンテ(共同)