2019.6.23 05:03(1/2ページ)

久保、1次L突破「現実的」25日エクアドル戦で先発復帰に意欲/南米選手権

久保、1次L突破「現実的」25日エクアドル戦で先発復帰に意欲/南米選手権

エクアドル戦に向けて練習する久保(左から2人目)。1次リーグ突破に意欲を燃やした (撮影・甘利慈)

エクアドル戦に向けて練習する久保(左から2人目)。1次リーグ突破に意欲を燃やした (撮影・甘利慈)【拡大】

 サッカー・日本代表合宿(21日、ブラジル・ベロオリゾンテ)南米選手権で1次リーグC組の日本は、2-2で引き分けたウルグアイ戦から一夜明け、ポルトアレグレから当地に移動して練習した。1分け1敗の日本は24日(日本時間25日)の第3戦でエクアドルに勝つと、決勝トーナメント進出が見えてくる。MF久保建英(18)=レアル・マドリード=は2試合ぶりの先発に意欲を示した。

 光が見えた。あとは勝つだけだ。ナイター照明の下、MF久保が言葉に力を込めた。

 「突破が現実的になってきたと思います。次の試合に勝てばほぼ決められるので、そこだけに集中できる」

 優勝候補に2-2と善戦したウルグアイ戦から一夜明け、練習は活気にあふれた。後半38分から途中出場した久保は、短い出番で体力を温存。勝てば1次リーグ突破が見えてくる24日のエクアドル戦に向け「いい準備ができれば」。先発の心構えはできている。

 練習では四隅に分かれた短いパス交換で小まめに顔を上げ、次のパスの出し所を確認。練習後はFW上田らと話して攻撃のイメージをすり合わせた。エクアドルは国際連盟(FIFA)ランキング60位(日本28位)。日本は過去2戦全勝と相性はいい。

 ウルグアイ戦では同じ2列目のMF三好が2ゴールで、貴重な勝ち点1の立役者になった。「初ゴールは先を越されましたが、チームを救ったヒーローです」と久保。ゴールマウスを守ったチーム最年長36歳のGK川島の姿にも感銘を受けた。後半10分、飛び出して1対1を止めた場面に「あれで流れが変わった。今の自分たちにないものを持っている」。仲間から大きな刺激を受けた。

 「次の試合、誰がそれ(ヒーロー)になるかはわからないですけど、きょうはいい気持ちで練習に取り組めた」

 日本は南米開催の国際Aマッチで過去3分け9敗。「レアルの久保」がチームを新たなステージに押し上げる。(邨田直人)

【続きを読む】

  • 練習する久保建ら=ブラジル・ベロオリゾンテ(撮影・甘利慈)
  • 練習する伊藤達哉(中央)ら=ブラジル・ベロオリゾンテ(撮影・甘利慈)
  • 練習に臨む森保監督=ブラジル・ベロオリゾンテ(撮影・甘利慈)