2019.6.22 20:51(1/2ページ)

E・ジュニオが止まらない!華麗なターンからの4戦連発弾で松本下した横浜FMが今季ホーム無敗継続

E・ジュニオが止まらない!華麗なターンからの4戦連発弾で松本下した横浜FMが今季ホーム無敗継続

E・ジュニオが止まらない!華麗なターンからの4戦連発弾で松本下した横浜FMが今季ホーム無敗継続

E・ジュニオが止まらない!華麗なターンからの4戦連発弾で松本下した横浜FMが今季ホーム無敗継続【拡大】

 明治安田生命J1リーグは22日に第16節が行われ、日産スタジアムでは横浜F・マリノスが松本山雅FCを迎えた。

 前節清水エスパルスに2-3で屈して連勝を「3」でストップさせた4位横浜FMが、2位試合勝ちの無い14位松本をホームに迎えた一戦。日本代表MF三好康児やMFマルコス・ジュニオールらを欠く横浜FMは、FW遠藤渓太や今季リーグ初先発のM山田康太らを起用。対する松本も日本代表FW前田大然を欠き、FW永井龍やFW山本大貴らを送り出した。

 試合は、序盤から横浜FMがテンポよくパスを回しつつ効果的に攻め立てていく。得点にこそ至らないものの、8分に仲川輝人が、11分には山田がボックス内右の位置からシュートを放つ。さらに、18分にはボックス手前で得たFKの場面で天野純が直接左足で狙ったシュートがバーを叩く。

 そんななか、26分に松本に決定機が訪れる。右サイドからクロスが上がると、クリアを試みたGK朴一圭とチアゴ・マルチンスが味方同士で交錯。すると、ボックス内左でボールを拾った宮阪政樹が左足で素早くシュートを放ったが、バーに阻まれて先制点とはいかない。

 後半に入ると松本が中盤の強度をやや強め、横浜FMのフィニッシュシーンが減少する。しかし、松本もなかなかチャンスを作れず、中盤での攻防が続く。松本は57分に最初の交代カードを切り、山本に代えて中美慶哉を送り出す。対する横浜FMも、64分に山田にかえて大津祐樹を起用した。

【続きを読む】