2019.6.20 22:12

なでしこ・平尾、被災地思いやる「チームメートが避難したと聞いた」

なでしこ・平尾、被災地思いやる「チームメートが避難したと聞いた」

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で1次リーグD組を2位で通過した日本代表「なでしこジャパン」は0-2で敗れたイングランド戦から一夜明けた20日、カンヌ近郊で前夜の先発メンバーを除いた12人が約1時間半、ミニゲームなどで調整した。

 22歳のGK平尾(新潟)は、18日の地震で大きな揺れに見舞われた所属クラブの本拠を思いやった。「チームメートが避難したと聞いた。心配だけど、命があるのでよかった」と話した。

 JFAアカデミー福島に所属していた2011年には東日本大震災を経験。同年の日本の女子W杯優勝に勇気づけられたといい「今は夢を与える立場」と自覚する。出場機会はまだないが「チームがいいモチベーションで臨めるような声掛けや気遣いができればいい」と語った。(共同)

大会日程へ勝敗表へ