2019.6.19 05:00

【本田泰人のハードマーク】久保と中島の連係に可能性も

【本田泰人のハードマーク】

久保と中島の連係に可能性も

特集:
中島翔哉
後半、ドリブルで突破する日本代表・久保建英=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)

後半、ドリブルで突破する日本代表・久保建英=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)【拡大】

 南米選手権1次リーグC組(18日、日本0-4チリ、サンパウロ)可能性を感じたのは前半だけだった。立ち上がりは自信を持っていて、入り方も良かった。チリにボールを握られるのも想定内だった。悪かったのは点を取られるタイミングだ。

 前半終了間際にセットプレーで失点。あのシーンでのMF中山の競り方はひどかった。他の場面でも守備的MF(ボランチ)の中山は守備のつたなさが目立った。両サイドバックとボランチはボールの奪い所だが、そこで奪えないと、必要以上に相手にボールを回される展開を招く。

 攻撃は決定力不足。FW上田は動き出しが良いからボールは入る。しかし、決定機を外したフィニッシュに関しては代表レベルとはいえない。MF久保とMF中島の連係には可能性を感じる一方で、彼らのダイレクトプレーに上田やFW前田は連動できていない。次の相手はウルグアイ。守備ブロックをつくって耐えたいが、厳しい戦いになるだろう。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ大会日程へ勝敗表へ

  • サッカー・本田氏の日本代表出場選手採点
  • サッカー・日本代表4失点以上の完封負け