2019.6.18 09:52(1/2ページ)

【試合結果】日本代表、南米選手権は黒星スタート…強豪チリに4失点大敗

【試合結果】

日本代表、南米選手権は黒星スタート…強豪チリに4失点大敗

特集:
森保JAPAN
後半、チリ代表の3点目のゴールに肩を落とす日本代表・久保建=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)

後半、チリ代表の3点目のゴールに肩を落とす日本代表・久保建=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)【拡大】

 南米選手権1次リーグC組(18日、日本0-4チリ、サンパウロ)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本は、同16位でチリとの初戦に0-4で敗れた。前半41分、チリ代表MFプルガルに先制ヘッドを決められ、後半9分にもFWバルガスに追加点を許した。さらに37分、38分と立て続けに失点し、大会2連覇中の強豪との初戦は4点差で大敗した。

 日本はスペイン1部リーグ、レアル・マドリードへの移籍が決定したMF久保建英(18)ら7人がA代表初先発。

 前半の立ち上がりは一進一退の攻防。トップ下のMF久保は右サイド深い位置からのFKを左足で直接狙うなど果敢にプレー。日本は久保と左サイドのMF中島翔哉(24)=アルドハイル=を中心に攻撃を組み立てるが、チリの経験豊かな守備陣に阻まれ、先制点を奪うことはできず。

 前半終盤はチリの圧力が強まり、苦しい時間帯が続くも、主将のMF柴崎岳(27)=ヘタフェ=を筆頭に集中した守備で得点は許さなかった。しかし41分、右CKからゴール前左でMF中山に競り勝ったMFプルガルに頭で合わせられ、ゴール左上に叩き込まれた。

 日本の1点ビハインドで折り返した後半にもチリが追加点。9分、右サイド深い位置からのマイナスのパスをエリア手前右のFWバルガスが右足ダイレクトでシュート。DF冨安をかすめたシュートはゴール右上に決まり、0-2とされた。

 追いつきたい日本は中島に代えて安部、前田に代えて三好を投入。20分、左サイドで縦パスを受けた久保がMF中山とのワンツーからエリア左に進入。見事なドリブルでDFをかわし、至近距離から左足でシュートを放つが、惜しくもサイドネットに外れた。23分にも久保が好機を演出。エリア手前までドリブルで運んだ久保がエリア左に抜け出したMF安部にパスを供給。安部の低い弾道のクロスにFW上田が飛び込んだが、わずかに合わなかった。

 決定機で決め切れなかった日本はさらに上田に代えてFW岡崎を投入するが1点が遠く、逆に37分、FWサンチェスに頭で追加点を決められると、38分にも相手のゴールキックを柴崎が頭でコントロールできず、ハーフウェーライン付近左で拾ったサンチェスが右に流れて右足で浮かせたパス。エリア手前左に落ちたボールをバルガスが右足で浮かせ、無人のゴール中央に決められた。

 初戦黒星となった日本は21日にウルグアイとの第2戦に臨む。

【続きを読む】

  • 前半、競り合う日本代表・久保建、チリ代表・ビダル=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、シュートを放つ日本代表・植田=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う日本代表・上田(左)=サンパウロ(共同)
  • 前半、日本代表・森保監督=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う日本代表・柴崎=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 日本-チリ前半、コーナーキックを放つ日本代表・久保建=サンパウロ(共同)
  • 前半、失点に肩を落とす日本代表・久保建ら=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う日本代表・植田(右)=サンパウロ(共同)
  • 前半、日本代表・前田=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、シュートを放つ日本代表・上田=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、先制ゴールを決められるGK大迫(右)ら日本イレブン=サンパウロ(共同)
  • 前半、失点する日本代表=モルンビー・スタジアム(撮影・甘利慈)