2019.6.17 10:38

中耳炎で手術のポドルスキは当面はドイツで治療、再来日は7月以降

中耳炎で手術のポドルスキは当面はドイツで治療、再来日は7月以降

神戸・ポドルスキ

神戸・ポドルスキ【拡大】

 J1神戸は17日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が「真珠腫性中耳炎」のため、ドイツで手術を行ったと発表した。

 手術が行われたのは今月12日で、すでに退院しているという。ポドルスキは高熱やのどの腫れなどの症状で、6月初旬に帰国していた。今後は飛行機での移動が症状悪化を伴う可能性があるため、当面はドイツでの治療となる。再来日は7月以降が予定されている。