2019.6.17 08:41(1/3ページ)

鳥栖戦の劇的勝利で見えた浦和再建への道のり

鳥栖戦の劇的勝利で見えた浦和再建への道のり

鳥栖戦の劇的勝利で見えた浦和再建への道のり

鳥栖戦の劇的勝利で見えた浦和再建への道のり【拡大】

 劇的な幕切れだった。浦和レッズは15日の明治安田生命J1リーグ第15節でサガン鳥栖に2-1と逆転勝ち。新体制での初白星を手にするとともに、実に6試合ぶりの勝利を収めた。代表戦開催に伴う中断期間で、大槻毅監督はチームにどんなフィロソフィーを植え付けたのだろうか。【文=原山裕平】

 ■劇的な幕切れとなった鳥栖戦

 「神がかり的」と表現しても、決して大げさではない。新体制となった浦和レッズの戦いぶりのことである。

 5月26日の第13節・サンフレッチェ広島戦に敗れ、10年ぶりの4連敗を喫した浦和は、オズワルド・オリヴェイラ前監督がチームを去り、大槻毅氏を新指揮官に据えてリスタートを切った。

 その大槻体制初陣となった第14節の川崎フロンターレ戦は、1点ビハインドで迎えたアディショナルタイムに、森脇良太が劇的な同点ゴールをマーク。ほとんど防戦一方の展開のなか、最後に訪れたチャンスを逃さずに、負け試合を引き分けに持ち込んだのだ。

 あれから2週間、浦和はまたしても奇跡のシナリオを演じる。ホームにサガン鳥栖を迎えた一戦は、早い時間帯に先制点を許すも、31分に宇賀神友弥が豪快な一撃を突きさして同点にすると、その後も積極性を保ち、相手ゴールに迫った。

 しかし、後半の10分も過ぎたあたりから、突如失速して劣勢に立たされてしまう。セカンドボールを拾えず、球際の攻防に屈する場面も増加。受け身の展開となるなかで、勝機は次第に遠のいていった。

 ところが、である。後半アディショナルタイム、自陣でボールを拾った途中出場のマルティノスが、そのまま左サイドをドリブルで駆け上がると、アウトサイドでパスを供給。これが相手DFに当たり浮き球となると、逆サイドで待ち受けていた興梠慎三が、冷静にインサイドで押し込んで、決勝ゴールを奪ったのだ。

 「本当はグラウンダーで出したかったが、相手に当たっていい感じでいってくれた。結果オーライですね」

 マルティノス本人がそう認めるように、決勝点につながったパスは決して意図したものではなかった。ところがそのパスが、DFがぎりぎりでかぶってしまうほどの絶妙な軌道を描き、フリーとなったエースに到達してしまうのだ。それまでの展開や、時間帯を考えても、まさに幸運と呼んでいいだろう。しかも2試合連続の劇的な幕切れである。

【続きを読む】