2019.6.15 05:04(1/2ページ)

久保、レアル完全移籍決定!世界一の名門に日本人選手初…古巣バルサより好条件で“禁断”の選択

久保、レアル完全移籍決定!世界一の名門に日本人選手初…古巣バルサより好条件で“禁断”の選択

南米選手権に向けて汗を流した久保。華麗なボールさばきをレアルで見せられるか(撮影・甘利慈)

南米選手権に向けて汗を流した久保。華麗なボールさばきをレアルで見せられるか(撮影・甘利慈)【拡大】

 サッカー日本代表MF久保建英(18)がJ1のFC東京からスペイン1部リーグのレアル・マドリードに完全移籍することが決まり、14日に両クラブから発表された。関係者の話では5年契約、年俸200万ユーロ(約2億4000万円)とみられる。Rマドリードの公式サイトによると、来季は2部リーグB(3部相当)のBチームに所属するが、世界一の名門クラブでトップチームに昇格し、活躍できるか注目される。

 日本選手が初めて、栄光の白いユニホームに袖を通す。MF久保の新天地がレアル・マドリードに決定した。

 久保はバルセロナの育成組織出身。2国間移籍に年齢制限を設ける国際ルールによって2015年に帰国を余儀なくされたが、今月4日に18歳となって条件を満たし、欧州移籍が間近と見られていた。

 移籍先には古巣のバルセロナも受け入れ態勢を整えていた。ただし、2部B(3部相当)のBチームでのプレーに限る契約を譲らず、年俸も200万ユーロ(約2億4000万円)とみられるRマドリードの10分の1程度だった。Rマドリードとは歴史や政治的な事情が絡んだライバル関係があり、両クラブ間の移籍には「禁断」の冠がつく。それでも、一人前のプロとしての高い評価に久保の気持ちは傾いた。

 他にパリ・サンジェルマン(フランス)やローマ(イタリア)、アヤックス(オランダ)なども候補に挙がっていたが、久保は既にスペインで暮らした経験があり、言葉も苦にしない。条件、環境面でRマドリードは魅力的といえた。

 「白い巨人」の異名を持つRマドリードは、国際連盟(FIFA)から「20世紀最優秀クラブ」と認定され、監査法人デロイトが発表した17~18年シーズンのサッカークラブ収入ランキングによると、世界1位の7億5090万ユーロ(約916億円)。潤沢な資金で、えりすぐりの精鋭を集めてきた。

【続きを読む】

  • 2016年のクラブW杯決勝で鹿島を下し、世界一を喜ぶレアルの選手たち
  • 練習する久保建英=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)
  • サンパウロで南米選手権のチリ戦に向け調整する久保建英(共同)
  • ランニングをする中島翔哉(手前左)、久保建英(手前右)ら=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)
  • チリとの初戦に向け調整する久保建=サンパウロ(共同)
  • チリとの初戦に向け、ランニングで調整する久保建(中央)ら日本イレブン=サンパウロ(共同)