2019.6.15 05:04(1/2ページ)

なでしこ2発!岩渕先制ズドン&菅沢PK決めた/女子W杯

なでしこ2発!岩渕先制ズドン&菅沢PK決めた/女子W杯

先制ゴールを決めた岩渕(右奥)は歓喜の表情。チームメートの祝福を受けた(ロイター)

先制ゴールを決めた岩渕(右奥)は歓喜の表情。チームメートの祝福を受けた(ロイター)【拡大】

 サッカー女子・フランスW杯1次リーグD組(14日、日本2-1スコットランド、レンヌ)2大会ぶりの優勝を目指す日本代表「なでしこジャパン」はスコットランドを2-1で下し、今大会初勝利を挙げた。前半23分にFW岩渕真奈(26)=INAC神戸=が先制点を決めて波に乗ると、FW菅沢優衣香(28)=浦和=が追加点を挙げ、後半に1点を許したが逃げ切った。日本は初戦でアルゼンチンと0-0の引き分けに終わったが、立て直して白星を手にした。19日(日本時間20日)の最終戦ではイングランドと顔を合わせる。

 なでしこが苦境を打開した。前半23分にチーム初得点をマークしたFW岩渕は、ベンチで勝利の瞬間を見届けると会心の笑みを広げた。

 「とにかく勝つことに集中した。ほっとしている。全員の気持ちが乗っていいシュートが打てて良かった」

 先制点は、こぼれ球を拾ったMF遠藤の股抜きパスから。中央で受けた岩渕が右足で豪快に射抜いた。さらに同35分すぎ、DF清水の長い右クロスに走り込んだFW菅沢が倒されPKを獲得。自ら決めた。立て直しを図ってきた攻撃は選手同士の距離感が修正され、目指す小気味いい展開からゴールへ迫った。終盤に失点を喫したが、逃げ切りに成功。上位での1次リーグ突破へ、視界が開けた。

 「今日はチームのためにやろうと思った。物足りない部分もあるが、素直に勝てて良かった」

 同組で最もFIFAランキングが低いアルゼンチンに0-0で引き分けた10日の初戦。右膝の不安を抱える岩渕は途中出場で約1カ月ぶりに実戦復帰したばかり。負ければ1次リーグ敗退の危機に陥るこの日は、先発で気合をみなぎらせた。

【続きを読む】

  • 前半、先制ゴールを決める岩渕(左)=レンヌ(共同)
  • 日本-スコットランド前半、PKを決める菅沢(手前)=レンヌ(共同)
  • 前半、先制ゴールを決め、駆けだす岩渕(8)=レンヌ(共同)
  • スコットランドに勝利し、観客の声援に応える菅沢(9)ら日本イレブン=14日、レンヌ(共同)
  • スコットランドに勝利し、観客の声援に応える日本イレブン=レンヌ(共同)
  • 後半、パンチングでクリアするGK山下=レンヌ(共同)
  • 後半、途中出場し攻め込む小林(左)=レンヌ(共同)
  • 前半、パスを出す三浦(左)=レンヌ(共同)
  • 半、パスを出す熊谷(4)=レンヌ(共同)
  • 前半、競り合う杉田(6)=レンヌ(共同)
  • サッカー女子W杯フランス大会のスコットランド戦で、ゴール前に攻め込む中島(右)=レンヌ(共同)
  • 前半、攻め込む遠藤(左)=レンヌ(共同)