2019.6.15 05:02

岡崎、久保とホットラインでチリ撃破!南米選手権18日初陣

岡崎、久保とホットラインでチリ撃破!南米選手権18日初陣

特集:
岡崎慎司
サンパウロの日本人学校の子どもたちと記念撮影する久保(中央)。岡崎(右)はホットライン形成を望んだ(撮影・甘利慈)

サンパウロの日本人学校の子どもたちと記念撮影する久保(中央)。岡崎(右)はホットライン形成を望んだ(撮影・甘利慈)【拡大】

 【サンパウロ13日(日本時間14日)=邨田直人】招待参加する南米選手権に向け、現地入り後初練習を行った。FW岡崎慎司(33)=レスター=はレアル・マドリード(スペイン)への移籍が決まったMF久保建英(18)とのホットライン結成に意欲を示し、短期決戦では「スター誕生」が鍵になると説いた。大会は14日午後9時半(日本時間15日午前9時半)に1次リーグA組のブラジル-ボリビアで開幕。日本は17日(同18日)の初戦でチリと対戦する。

 年の差なんて気にしない。サンパウロでの合宿初日。フィールドプレーヤーでは最年長33歳のFW岡崎が、最年少18歳のMF久保との共演に自信を示した。

 「一緒にプレーしていれば、どういう特長があるか、どういうパスを出せるかはわかる。それを試合でも出したい」

 代表活動をともにして約2週間。練習では同じグループに入ることも多く、パスの受け手、出し手としてホットライン形成を目指している。W杯3大会を経験した点取り屋は「ぱっと集まって戦う大会では、誰かがすごい活躍をしないと上にいけない」とスター誕生が鍵になると指摘。久保を含めた若手にも、より一層の奮起を促した。

 約1時間の軽めの全体練習後、黙々とキックの感触を確かめた岡崎。強い覚悟で、南米の強豪に挑む。

試合日程へ代表メンバーへ

  • チリとの初戦に向け、ランニングで調整する(前列左から)岡崎、柴崎、GK川島ら日本イレブン=サンパウロ(共同)
  • チリとの初戦に向け、ランニングで調整する久保建(中央)ら日本イレブン=サンパウロ(共同)
  • チリとの初戦に向けた練習で、選手に指示を出す森保監督=サンパウロ(共同)
  • チリとの初戦に向け調整する久保建=サンパウロ(共同)
  • ランニングをする中島翔哉(手前左)、久保建英(手前右)ら=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)
  • 練習する久保建英=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)
  • 地元の子供達と記念撮影をする日本代表イレブン=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)
  • 練習する日本代表イレブン=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)