2019.6.14 22:50

アセンシオ、今夏の移籍市場に?レアルは100億円超で売却目論む

アセンシオ、今夏の移籍市場に?レアルは100億円超で売却目論む

アセンシオ、今夏の移籍市場に?レアルは100億円超で売却目論む

アセンシオ、今夏の移籍市場に?レアルは100億円超で売却目論む【拡大】

 Rマドリードは、大型補強の代償として複数の選手を放出する可能性が高いが、その中にマルコ・アセンシオが含まれているようだ。スペイン『AS』が報じた。

 今シーズン、タイトルがFIFAクラブワールドカップのみで、リーガ・エスパニョーラでは宿敵バルセロナに大きく引き離されるなど失意のシーズンを送ったRマドリード。これを受け、新シーズンに向けてすでにエデル・ミリトン、ルカ・ヨヴィッチ、エデン・アザール、フェルラン・メンディを獲得する。さらに、クリスティアン・エリクセンやポール・ポグバにも興味を見せるなど補強はまだまだ終わりそうにない。

 しかし、これによりファーストチームのメンバー数はすでに“オーバーブック”の状態で、Rマドリードは選手の売却やローンによる放出を迫られている。そんな中、『Cadena SER』の番組内で、マリオ・トレホン氏は「オファーが届けば複数の選手が交渉の席に着くことになる。その中にはマルコ・アセンシオ、ギャレス・ベイル、イスコ、そしてルーカス・バスケスが含まれている」と明かした。

 ベイルとイスコは以前から今夏の放出候補に挙がっており、ウェールズ代表FWに至ってはクラブとジネディーヌ・ジダン監督の双方が売却を望むと考えられている。一方、指揮官はスペイン代表MFの残留を願うとされているものの、クラブ側は8000万ユーロ(約98億円)程度での売却を目論んでいるようだ。

 さらに、大きなサプライズとなったのがアセンシオだ。2016-17シーズンにレンタル先から復帰した23歳の同選手は、Rマドリードの将来を担うと大きな期待がかけられている。しかし、ジダン監督の下で絶対的な立場を築き上げていないスペイン代表MFは、9000万ユーロ(約110億円)から1億ユーロ(約122億円)で市場に並ぶと考えられている。(Goal.com)