2019.6.14 08:06

ユベントス退任のアッレグリが1年間の休養を発表「充電期間に」

ユベントス退任のアッレグリが1年間の休養を発表「充電期間に」

ユベントス退任のアッレグリが1年間の休養を発表「充電期間に」

ユベントス退任のアッレグリが1年間の休養を発表「充電期間に」【拡大】

 今夏にユベントスから退任するマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、1年間の休養に入ることを発表した。

 2014年にユベントスの指揮官に就任したアッレグリ監督。以降、セリエA5連覇、コッパ・イタリア4連覇など5シーズンで11個のタイトルをクラブにもたらす。さらに、2014-15、2016-17シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)決勝にまで駒を進めるなどトリノでその名声を高めていた。

 しかし今シーズン、クリスティアーノ・ロナウドを擁して、スクデットを獲得したものの、23年ぶりの優勝を目指したCLでは準々決勝でアヤックスに敗れてまさかのベスト8止まり。そして5月、クラブは同指揮官を事実上の解任とすることを決定した。

 そんなアッレグリ監督に対して、マウリツィオ・サッリ監督のユベントス行きが報じられるチェルシーなどが新天地の候補に挙がると報じられていたが、13日にミラノで行われたイベント内で1年間フットボール界と距離を置くと認めた。

 「充電するために、愛する家族と子供たち、友人たちとの時間を作るために、1年間のオフを取ることになる。この16年間はミキサーの中にいるような感じだった。家族や友人らとともにこれまでの生活から離れるべきだ。だから、この1年を新シーズンに向けた充電期間とする」

 2020-21シーズンに再びフットボール界に復帰する予定のアッレグリ監督は、どのクラブで再び指揮を執ることになるのだろうか。(Goal.com)