2019.6.14 23:23

C大阪、攻勢実らず ロティーナ監督、先制許したPK悔やむ「鍵だった」

C大阪、攻勢実らず ロティーナ監督、先制許したPK悔やむ「鍵だった」

鹿島に敗れ、肩を落とすC大阪イレブン=カシマ

鹿島に敗れ、肩を落とすC大阪イレブン=カシマ【拡大】

 明治安田J1第15節第1日(14日、鹿島2-0C大阪、カシマ)C大阪は鹿島を上回るシュート15本を放ったが、実らなかった。奥埜やブルーノメンデスが決定機を生かし切れず、ロティーナ監督は「前半は全てをコントロールしていた。PKが鍵だった」と、先制を許した展開を悔やんだ。

 後半は攻めが淡泊になり、守備陣のミスから追加点を許して万事休した。藤田は「ああいう展開で点を取ってくるのが鹿島。大事な時間に失点する甘さが出た」と唇をかんだ。

試合結果へ勝敗表へ

  • 後半、鹿島・レアンドロ(左)のボールを奪いに行くC大阪・清武(下)=カシマ