2019.6.13 08:49

コンテ監督を“世界最高”と称賛のルカク、インテルでタッグを熱望?

コンテ監督を“世界最高”と称賛のルカク、インテルでタッグを熱望?

コンテ監督を“世界最高”と称賛のルカク、インテルでタッグを熱望?

コンテ監督を“世界最高”と称賛のルカク、インテルでタッグを熱望?【拡大】

 マンチェスターUのロメル・ルカクは、“世界最高のコーチ”と称賛するアントニオ・コンテ監督の下でプレーする機会を探っているようだ。

 2017年夏にコンテ監督率いるチェルシーへの復帰が噂された中、マンチェスター・U行きを選んだルカク。しかし、全公式戦96試合で42ゴールを記録するも、当初の期待ほどの活躍ができておらず、オールド・トラッフォードで苦戦する日々が続く。そして、特にビッグクラブ相手の試合で苦しむ姿を見せる同選手が今夏に新天地を求めるのではないかと連日報じられている。

 さまざまな憶測が流れる中、ルカクがマンチェスター・Uから退団した際に新天地の有力候補に挙がるのがインテルミラノ。今夏にコンテ監督が就任するイタリアの名門に移籍する可能性が囁かれるルカクは、イタリア『メディアセット』で、同指揮官について言及した。

 「インテルミラノに行くことが決まったコンテは、僕の中で世界最高のコーチだ。契約が残るマンチェスターUへのリスペクトを欠くことになるからまだ公にすることはできないけれど、僕はすでに将来の決断を下した」

 さらに、ルカクはイタリアについて言及し、以前から明かしていたようにセリエAでプレーする考えを持っていることを認めている。

 「僕はセリエAの大ファンだ。ずっとイングランドとイタリアでプレーしたかった。イタリアを愛しているんだ。それに、クリスティアーノ・ロナウドがやって来て、(マウリツィオ)サッリもユベントスに行くことになると思うし、(カルロ)アンチェロッティだってナポリにいる。セリエAはこれから面白くなるだろうね」

 「僕のクラブと代理人は移籍について話すことになる。でも、僕の中ではもう決まっている。契約するマンチェスターU次第にはなるだろうけれど、僕にとってベストの選択をしてもらえるようにこれから話す予定だ。どんなことが起きようとも、とても忙しい夏になることに間違いないだろうね」(Goal.com)