2019.6.13 07:06

マンUと5年契約にジェームズが感無量「人生で最高の日」

マンUと5年契約にジェームズが感無量「人生で最高の日」

マンUと5年契約にジェームズが感無量「人生で最高の日」

マンUと5年契約にジェームズが感無量「人生で最高の日」【拡大】

 マンチェスターUは、スウォンジーからダニエル・ジェームズを獲得したことを正式に発表した。

 今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、オレ・グンナー・スールシャール監督を招聘するも、プレミアリーグを6位で終え、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したマンチェスター・U。今夏、チームの刷新が予想される同クラブの補強第1号は、ウェールズ代表のジェームズに決定した。

 マンチェスター・Uは12日、ジェームズと2024年までの5年契約を締結したことを発表。なお、今シーズンにチャンピオンシップ(英2部)で大きなインパクトを残した21歳のウェールズ代表MFの移籍金は、1500万ポンド(約21億円)と報じられている。

 マンチェスター・Uを指揮するスールシャール監督は、新戦力のジェームズについて「ダニエルは多くのスキル、ビジョン、とてつもないスピードを持ったエキサイティングな若手ウィンガーだ。マンチェスターUの選手になるために必要なものを持っている。そんな彼と契約を結べたことをうれしく思う」と期待を寄せた。

 一方で、ジェームズは「僕の人生の中で最高の日の一つになった」とオールド・トラッフォードでプレーすることが決まった喜びをあらわにし、先日に逝去した父への想いを募らせつつ、新天地での活躍を見据えた。

 「プレミアリーグは世界最高のリーグで、マンチェスターUは僕にとって選手として成長していくためにパーフェクトな場所だ。僕自身、僕の家族にとってとても誇らしいことだけれど、父とこの想いを共有できなかった悲しみに暮れている。僕はオレやチームメイトとともにスタートを切れることを楽しみにしている」(Goal.com)