2019.6.13 11:30

【J試合情報】松本山雅FCvsベガルタ仙台 第15節

【J試合情報】

松本山雅FCvsベガルタ仙台 第15節

特集:
Jリーグ試合情報
GO!ベガルタ仙台

 ・松本対仙台の通算2試合では、1勝1敗と互角。2015年の前回対戦では、仙台が3-1で勝利を挙げた。

 ・松本はホーム戦直近5試合でわずか1敗(2勝2分)。本拠地では、それ以前に開幕から2連敗を喫していた。

 ・仙台はアウェイ戦で現在、J1初年度の2002年7月~9月に記録したクラブ史上ワーストと並ぶ8連敗中。この間、7試合で複数失点を喫している(1試合平均2.4失点)。

 ・仙台は昇格クラブとの直近4試合で3敗(1勝)。それ以前の同対戦では、5試合連続無敗だった(4勝1分)。

 ・松本は今季、先制点を挙げた6試合で無敗(4勝2分)。対する仙台は、先制点を奪われたアウェイ戦で全敗(6試合)。

 ・仙台はタックル成功率が今季リーグワースト(50.4%:116/230回)。対する松本は、タックル数が今季リーグ最多であり、同成功率がリーグで2番目に高い(69%:180/261回)。

 ・反町康治は監督として、昇格クラブとの通算11試合でわずか2敗(5勝4分)。しかし、この間無失点に抑えたのはわずか2試合のみ(1試合平均:1.7得点、1.5失点)。

 ・長沢駿は前節の名古屋戦で、2得点1アシストを記録。optaがJ1のデータ集計を始めた2015年シーズン以降、1試合で3点以上に直接関与するのは自身初のことだった。また、2019年5月以降の直接得点関与数はリーグ最多(5点:3得点2アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta