2019.6.13 11:30

【J試合情報】清水エスパルスvs横浜F・マリノス 第15節

【J試合情報】

清水エスパルスvs横浜F・マリノス 第15節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・ 清水対横浜FMの通算56試合では、清水が20勝11分25敗と負け越している。清水にとって横浜FMは、鹿島に次いで2番目に多く対戦している相手(鹿島戦:57試合)。

 ・清水は横浜FM戦直近15試合でわずか2勝(4分9敗)。この2勝は、2015年7月と2018年8月の対戦で挙げたもの(いずれも2-1のスコア)。

 ・清水はホームでの横浜FM戦で現在5連敗中であり、11試合連続未勝利(5分6敗)。本拠地での今カードで勝利を挙げたのは、2006年7月の対戦が最後(1-0)。

 ・清水はホーム戦直近7試合でわずか2勝(1分4敗)。しかし、このうちの1勝は本拠地での直近の試合で挙げたもの(第13節仙台戦、4-3)。今節でも勝利を挙げると、同地では2018年10月~11月以来の連勝を記録する(当時3連勝)。

 ・横浜FMは現在、2018年9月~10月以来となる3連勝中。今節でも勝利を挙げると、2017年5月~7月以来の4連勝を記録する(当時5連勝)。

 ・横浜FMは対戦時に17位以下のクラブとの直近11試合でわずか2勝(5分4敗)。対する清水は、対戦時に3位以上のクラブとの直近24試合でわずか3勝(6分15敗)。

 ・横浜FMは今季、先制点を挙げた試合で全勝(6試合)。また、先制点を奪われた試合で獲得した勝ち点はリーグベスト(8ポイント:7試合、2勝2分3敗)。

 ・マルコス・ジュニオールは今季挙げた7得点のうち、5得点を試合時間前半に記録している。総得点に対する同時間帯の得点割合は、今季5得点以上を挙げた選手の中で最も大きい(71%)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta