2019.6.12 10:42

PSVのFWロサノはナポリ行きが濃厚に 近日中にも正式決定か

PSVのFWロサノはナポリ行きが濃厚に 近日中にも正式決定か

PSVのFWロサノはナポリ行きが濃厚に 近日中にも正式決定か

PSVのFWロサノはナポリ行きが濃厚に 近日中にも正式決定か【拡大】

 PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサノは、来季からセリエAで再スタートすることになりそうだ。

 これまでロサノにはバルセロナ、マンチェスターUなども関心を示していたが、カルロ・アンチェロッティ率いるナポリが獲得間近に迫っていたと伝えられていた。

 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリはロサノ獲得に向けて5000万ユーロ(約61億5000万円)の移籍金で打診をしており、5年契約で近日中にもまとまる見通しのようだ。PSVは契約解除金の早期支払いを希望しており、詳細を詰める段階まで至っているという。

 1995年生まれ、現在23歳のロサノはパチューカの下部組織育ちで2017年からエールディヴィジのPSVに在籍。ロシア・ワールドカップでは前回優勝国ドイツを破る決勝ゴールを奪ったことで、注目を集めた。

 ロサノは4月にリーグ戦で負傷したものの、2019CONCACAFゴールドカップのメキシコ代表メンバーに招集されていた。だが、ケガが完全に回復していないことから、代表から離脱を余儀なくされている。

 また、一部報道によるとロサノがメキシコ代表から離脱したことも重なり、ナポリへの移籍話が早々に決着する可能性が高まっているようだ。(Goal.com)