2019.6.11 14:46(1/2ページ)

初戦で見えたなでしこの課題、アルゼンチンを崩せずスコアレス 女子W杯

初戦で見えたなでしこの課題、アルゼンチンを崩せずスコアレス 女子W杯

初戦で見えたなでしこの課題、アルゼンチンを崩せずスコアレス 女子W杯

初戦で見えたなでしこの課題、アルゼンチンを崩せずスコアレス 女子W杯【拡大】

 アルゼンチンに得点を奪えず0-0のドロー。なでしこジャパンの初戦は消化不良に終わった。世代交代の行われたチームで臨む今回の女子ワールドカップ。この原因は何なのか、。そして、どう修正するのか?【取材・文=馬見新拓郎】

 ■まるで優勝したかのようなアルゼンチン

 2大会ぶりの世界一を掲げ、FIFA女子ワールドカップフランス2019に臨んだなでしこジャパン(日本女子代表)は、現地時間10日、グループステージ第1節・アルゼンチン女子代表戦で、0-0の引き分けに終わった。

 FIFAランキング7位のなでしこが戦うグループDで、FIFAランクが最も低い37位のアルゼンチンに勝てなかったことは、多くの予想に反した結果だった。特にGSの1位または2位通過を狙う上では、アルゼンチン戦での大量得点が望まれたが、勝ち点3も取れない厳しい船出となった。

 大会初戦は難しくなる、とはよく言われる言葉だ。これは過去の女子W杯を戦ったなでしこが証明している。結果的に優勝する2011年ドイツ大会では、ニュージーランドとの初戦、先制するも前半の早い時間に追いつかれ、ようやく勝ち越したのは68分だった。その4年後の2015年カナダ大会では、スイス女子代表を相手にPKの1点のみで辛勝した。

 今回の女子W杯も、やはり初戦は難しかった。

 「アルゼンチンがブロックを敷いて引く中で、自分たちはボールを持っていたが、怖さというのは多分なかった」とは、MF中島依美(INAC神戸レオネッサ)の自評だ。FW横山久美(AC長野パルセイロレディース)も「ベタ引きしてきた相手をどう崩していくのか、90分の中で答えを見つけることはできなかった」と悔やんだ。

 だが、大会初戦は誰にでも難しくなるものではない。

 試合終了後のアルゼンチンはまるで優勝したかのような喜びようだった。07年中国大会以来、12年ぶり3度目の出場となったアルゼンチンは、この試合までW杯で6戦全敗。日本とは2度戦っておりどちらも敗戦。今回の対戦では、なでしこの力を十分尊重して守備から入り、カウンターを時折繰り出しなでしこを攻撃に専念させず、W杯初の勝ち点1を獲得した。

【続きを読む】