2019.6.9 00:00

モナコにレンタル移籍中のジェルソン「守備的なシメオネ・アトレティコには戻りたくない」

モナコにレンタル移籍中のジェルソン「守備的なシメオネ・アトレティコには戻りたくない」

モナコにレンタル移籍中のジェルソン「守備的なシメオネ・アトレティコには戻りたくない」

モナコにレンタル移籍中のジェルソン「守備的なシメオネ・アトレティコには戻りたくない」【拡大】

 冬の移籍市場でAマドリードからモナコにレンタルで加入したポルトガル代表FWジェルソン・マルティネスが、今夏でのアトレティコ復帰に否定的な考えを示している。

 昨夏にスポルティング・リスボンからアトレティコに加入したジェルソンだが、12試合で446分の出場機会しか得られず。結局、冬に半シーズンのレンタルでモナコに移籍することになり、そこでスポルティング時代のような活躍を披露した。

 ポルトガル『レコルド』とのインタビューに応じたジェルソンは、アトレティコで満足なプレーを見せられなかった理由として、ディエゴ・シメオネ監督の存在を挙げている。

 「シメオネは最初、自分をウィングで使うとメッセージを送ってきた。カウンターで有用な存在になれるとね。違うクラブからもオファーを受け取っていたんだけど、そのメッセージが決断する上で鍵となったんだ。でも、実際に僕がプレーしたのはセカンドトップで、うまくはいかなかった」

 「難しいシーズンだった。自分の意図はプレーすることにあったけど、チームに入り込むのは簡単ではなかった。それに僕のプレースタイルは、シメオネのアイデアに適したものじゃない。アトレティコはとても守備的なチームだからね」

 「最初は自分がアトレティコにはまると思っていた。良い守備を見せ、その後にカウンターを仕掛けるチームだからね。だけどセカンドトップでのプレーには難しさを感じた。自分はスピードが売りの選手だけど、ゴールに背を向けてボールを受けることになったんだ。少し失望したよ。シメオネのもとで、自分の長所を生かすのは簡単じゃない」

 ジェルソンはまた、自身の去就について次のように語った。

 「モナコに戻る? まあ見てみよう。彼らは僕が続けることを望んでいるね。アトレティコ復帰? 戻りたくはないね。僕という選手は何も変わっていないんだ。自分の選手としての特徴は、あのチームが望むものではないし、シメオネが僕についての考えを変えることはないだろう。最前なのは、環境を変えることとなる」(Goal.com)