2019.6.8 05:04(1/2ページ)

18歳・久保健、A代表デビュー熱望!9日エルサルバドル戦「出たい」

18歳・久保健、A代表デビュー熱望!9日エルサルバドル戦「出たい」

華麗なボールさばきで攻め込む久保(左)。デビューを待ち望むファンから歓声を浴びた(撮影・蔵賢斗)

華麗なボールさばきで攻め込む久保(左)。デビューを待ち望むファンから歓声を浴びた(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・日本代表合宿(7日、ひとめぼれスタジアム宮城)日本は9日のキリンチャレンジ杯・エルサルバドル戦に向け、試合会場で調整した。0-0で引き分けた5日のトリニダード・トバゴ戦でベンチを外れ、デビューが持ち越しとなった初招集のMF久保建英(18)=FC東京=は「出たい」と思いを吐露。森保一監督(50)は起用に慎重だが、練習に訪れたファンも出場を待望した。

 次こそ、デビューを飾る。冷たい雨が降りしきる仙台郊外のスタジアム。MF久保は勇んで足を踏み入れた。

 「(5日の試合は)悔しさというより終わったこと、自分は次に向けてアピールするしかない。チャンスが来れば準備はしているつもり」

 芝が滑りやすい中、随所に才能の片鱗(へんりん)を示した。6対6のミニゲームではFW岡崎からのパスをダイレクトで逆サイドへ。守備では中盤まで下がり、献身的な動きを見せた。

 ベンチを外れ、デビューがお預けとなった5日のトリニダード・トバゴ戦後の会見。森保監督は久保の起用について問われ「みなさんの期待はひしひしと感じている」としながら、「(4日に)18歳になったばかりで、移籍報道などいろんなプレッシャーがかかっている。少し緊張の糸を緩めながら進めた方がいい」と慎重だった。

 その温情に、久保は感謝の思いもある。試合に出たい気持ちはあるかと報道陣に問われ「それを言って森保監督と良い関係になることはないし、変に書かれてもあれなので」と言葉を濁したが、一方で「誰もが試合に出たいと思うし、出るためにここにきている」と率直な思いも口にした。

【続きを読む】

  • 森保監督(左)の話に耳を傾ける久保。初出場を目指してアピールを続ける(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、観戦する久保建英ら=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 練習で南野拓実(右)をかわす久保建英(中央)=ひとめぼれスタジアム宮城(撮影・蔵賢斗)
  • サッカー・日本代表国際Aマッチ年少出場5傑