2019.5.30 07:00

チェルシー、6年ぶり2度目のEL制覇!アザール2発

チェルシー、6年ぶり2度目のEL制覇!アザール2発

チェルシー、6年ぶり2度目のEL制覇!アザール2発

チェルシー、6年ぶり2度目のEL制覇!アザール2発【拡大】

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝が29日に行われ、チェルシーとアーセナルが対戦した。

 EL決勝はイングランド同士の同国対決に。両チーム欠場者が少なくなく、チェルシーはアントニオ・リュディガー、カラム・ハドソン=オドイ、ルベン・ロフタス=チークなどが欠場。また、アーセナルはアーロン・ラムジー、ヘンリク・ムヒタリアンなどがメンバー外となった。

 その中でチェルシーは欠場の可能性もあったヌゴロ・カンテが先発。前線にはエデン・アザール、オリヴィエ・ジルー、ペドロ・ロドリゲスが並んだ。アーセナルはピエール=エメリク・オーバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットがコンビを組み、その下にはメスト・エジルが入った。また、ペトル・チェフが現役ラストマッチとしてゴールマウスを守る。

 試合は序盤からチェルシーがボールを持つ展開に。それでも8分、アーセナルに最初の好機が訪れる。エインズリー・メイトランド=ナイルズが右サイドからクロスを送ると、最後はオーバメヤンがシュート。しかし、これはゴール左へとそれていく。

 再びチェルシーが盛り返すと、39分にはジルーに決定機。ゴールやや左から左足を振り抜くが、チェフがビッグセーブでしのぐ。

 後半に入ると、試合を動かしたのはチェルシー。49分、左サイドからエメルソンの低いクロスにジルーが頭で合わせる。これがゴール左に吸い込まれ、チェルシーが先制点を奪う。

 さらに60分には、チェルシーのショートカウンターが炸裂。最後はアザールからペドロで、シュートがゴール右隅へと吸い込まれる。

 65分にはマテオ・コヴァチッチ、ペドロのドリブルで蹂躙すると、最後はジルーが倒されてPKを獲得。これをアザールが落ち着いて沈め、3点差に。

 アーセナルはマッテオ・グエンドウジ、アレックス・イウォビを入れると、直後にエリア外からイウォビがミドルシュート突き刺し、1点を返す。

 それでも、チェルシーが試合を決定づける。72分、再び高い位置で奪うと、最後はジルーからアザール。ボレーを沈め、3点差にリードを広げる。

 このゴールでアーセナルは集中力が切れ、チェルシーは次々とゴール前へと侵入。簡単に好機を生み出していく。逆にチャンスを作るシーンもあったが、決定機を得たオーバメヤン、ジョセフ・ウィルロックは活かせない。

 結局、4-1でチェルシーが逃げ切った。チェルシーは2012-13シーズン以来2度目となるEL制覇に。一方のアーセナルはペトル・チェフが現役ラストマッチとなったが、最後の試合を最高の形で終えることはできなかった。(Goal.com)

試合結果へ