2019.5.29 12:00

【サッカーコラム】前代未聞の“誤審”も主審は毅然としてほしかった…

【サッカーコラム】

前代未聞の“誤審”も主審は毅然としてほしかった…

特集:
No Ball, No Life
湘南・杉岡大暉のゴールがノーゴールの判定となり、主審・山本雄大(左)に詰め寄る湘南・チョウ貴裁監督 

湘南・杉岡大暉のゴールがノーゴールの判定となり、主審・山本雄大(左)に詰め寄る湘南・チョウ貴裁監督 【拡大】

 【No Ball、No Life】5月17日のJ1浦和-湘南戦(埼玉)で前代未聞の“誤審”が起きた。

 浦和が2-0とリードした前半31分、湘南のMF杉岡大暉(20)が左足でシュートを放つと、ボールは右ポストを直撃し左ゴールネットに突き刺さった。誰もがゴールを思った瞬間、主審はノーゴールの判定を下し、そのままインプレーとなったのだ。

 2万3221人の観客は騒然となった。記者席から見ていた私も、遠目からでも肉眼でゴールを割っていることを確認できた。収まらない湘南サイドは、主審に猛抗議。ベンチ前で、主審と押し問答を繰り返した。チョウ貴裁監督が「入っていましたよね!!」と言えば、山本雄大主審は「いや、入っていません」。そして約5分後に、試合は再開されたのだが…。

 これまでにも誤審やおかしな判定もあった。それによって有利になったり不利になったり。誤審もサッカーの一部だった。普通は5分も抗議したら、一発退場のはず。湘南のベンチ前では、監督と選手数人が主審を取り囲んでいた。ここで主審は毅然(きぜん)として一発退場の判定を下さなかったのは、なぜなのか。

 判定に自信がなかったのかもしれない。だが主審も副審もノーゴールの判定を下した以上、実際はどうでも、ノーゴールとなる。審判は絶対なのだ。

 たとえば、マラドーナの“神の手ゴール”をゴールと認めた主審も毅然としていた。プロ野球でもかつて二出川延明という名物審判がいた。選手に文句を言われようが、「オレがルールブックだ!!」と一喝。審判にはそれだけの権威がある。あってはならない誤審と、長時間の抗議の受け入れ。二重の意味で、主審は大失態を犯した。

 Jリーグでも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)やゴールラインテクノロジーなどの導入が検討され始めている。早ければ2021年シーズンからVARが導入されるという。だが、最終的に判定を下すのは主審。それすら、テクノロジーに任せるという時代がくるのなら、もはやサッカーに審判の存在は必要ない。サッカーの醍醐味(だいごみ)が失われていくようで寂しい。(宇賀神隆)