2019.5.23 15:33

岡崎&川島初招集の意図「プレーだけでなく経験を還元して」

岡崎&川島初招集の意図「プレーだけでなく経験を還元して」

特集:
川島永嗣
岡崎慎司
岡崎&川島初招集の意図「プレーだけじゃなく経験を還元して」

岡崎&川島初招集の意図「プレーだけじゃなく経験を還元して」【拡大】

 日本サッカー協会(JFA)は23日、6月のキリンチャレンジカップ2連戦に臨む日本代表メンバーを発表した。

 今回のキリンチャレンジカップでは、長らく日本代表を支えてきたGK川島永嗣、FW岡崎慎司がロシア・ワールドカップ以降初めて招集された。両選手はそれぞれストラスブール、レスターでなかなか出場機会を得られずにシーズンを終えたが、森保監督はプレー面だけではなく、多くの経験を後輩に伝えていくことを求めているようだ。

 「まずは、2人はプレーできるコンディションであることをリサーチした上で招集しました。川島は中々トップの部分でプレーできていないが、しっかり練習はできている。まだ最終節もあって、それに向かってできています」

 「岡崎も試合数は少ないが、映像をチェックして問題ないと判断して招集しました。彼らはプレーで貢献してほしいが、経験、ピッチ内外のコミュニケーションで経験の浅い選手に伝えていって欲しいと思います。A代表、東京オリンピックのチームで世代間の融合をしたいと思っていますし、これまでたくさんの経験をしてきて、それをチームに還元して欲しいという思いがあります。そういう意味での招集でした」

 日本代表は6月5日に豊田スタジアムでFIFAランク93位のトリニダード・トバゴ代表と、同9日にひとめぼれスタジアム宮城でFIFAランク71位のエルサルバドル代表と対戦する。その後、18日にコパ・アメリカ初戦でチリと激突することとなる。(Goal.com)

試合日程へ代表メンバーへ