2019.5.23 11:30

【J試合情報】名古屋グランパスvs松本山雅FC 第13節

【J試合情報】

名古屋グランパスvs松本山雅FC 第13節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・名古屋は昇格クラブとの対戦で現在5試合連続未勝利(3分2敗)。同対戦の直近9試合でもわずか1勝しか挙げていない(4分4敗)。

 ・名古屋は現在、2018年7月~9月以来の6試合連続無敗(3勝3分、当時8試合連続)。この間、1度も複数失点を喫していないが、複数得点を挙げたのはわずか1試合のみ(計7得点3失点)。

 ・名古屋は現在、ホーム戦ではクラブ史上初となる無失点での5連勝を記録している。今季本拠地での無失点試合数(5)は、既に昨季同地で記録した試合数(4)を上回っている。

 ・松本は現在、4試合連続無得点で未勝利(1分3敗)。4試合連続で無得点に終わるのは、J1でのクラブ史上で初めてのこと。

 ・松本はJ1でのクラブ史上、対戦時に3位以上のクラブとの通算6試合で1得点も挙げたことがなく未勝利に終わっている(1分5敗、0得点12失点)。

 ・松本はヘディングによる失点が今季リーグワースト(6失点)。対する名古屋は、同得点が今季リーグで2番目に多い(4点:神戸と並び)。

 ・名古屋は敵陣でのパス数が今季リーグ最多(4,816本)。対する松本は、敵陣パス数が今季リーグ最少であり(2,086本)、同成功率はリーグワースト(60.3%)。

 ・パウリーニョはタックル成功数が今季リーグ最多(29回:成功率63%)。また、タックル数は名古屋の米本と並んで今季リーグ最多タイ(46回)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta