2019.5.23 11:30

【J試合情報】清水エスパルスvsベガルタ仙台 第13節

【J試合情報】

清水エスパルスvsベガルタ仙台 第13節

特集:
Jリーグ試合情報
GO!ベガルタ仙台

 ・清水対仙台の通算20試合では、清水が9勝4分7敗とわずかに勝ち越している。清水にとって仙台は、現在J1に在籍しているチームの中で松本(1試合平均1失点)に次いで2番目に1試合平均失点の少ない相手(1試合平均1.2失点)。

 ・清水は仙台戦で現在7試合連続未勝利(2分5敗)。今カードではそれ以前に10試合連続無敗だった(8勝2分)。

 ・清水はホーム戦直近6試合でわずか1勝(1分4敗)。この間、1試合平均2.7失点を喫している。本拠地ではそれ以前に3連勝を記録していた。

 ・清水は今季12試合を終えて、リーグワーストとなる27失点を喫して勝ち点9に留まっている。同期間に27失点以上を喫して勝ち点9以下のクラブは現在6チーム連続で降格している(重複クラブも含む)。

 ・仙台はアウェイ戦で現在、2002年7月~9月以来の7連敗中。この間、6試合で複数失点を喫している。今節でも敗れると、敵地では当時記録したクラブ史上ワーストの8連敗に並ぶ。

 ・清水と仙台は今季、複数失点を喫した試合数がリーグで最も多い3チームのうちの2つ(7試合:G大阪と並び)。無失点試合数は、清水がリーグワーストタイ(1試合:神戸と並び)、仙台がリーグワースト2番目(2試合:湘南と並び)。

 ・清水はホームで先制点を許した試合では今季3戦全敗。対する仙台は、アウェイで先制点を喫した試合では今季6戦全敗。

 ・六平光成は現在4試合連続先発出場中。連続先発の始まった2019年4月28日(第9節)以降では、敵陣パス本数がチーム2位(101本)。同成功率は、この期間に3試合以上出場した選手の中でチームベスト(87.1%)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta