2019.5.21 09:46(1/2ページ)

ポゼッション哲学への逆風と成績不振でベティス退団…セティエン氏が心境

ポゼッション哲学への逆風と成績不振でベティス退団…セティエン氏が心境

ポゼッション哲学への逆風と成績不振でベティス退団…セティエン氏が心境

ポゼッション哲学への逆風と成績不振でベティス退団…セティエン氏が心境【拡大】

 スペイン人指揮官キケ・セティエン氏が、ベティス監督の座を辞した現在の心境を語っている。

 セティエン氏は2017年夏にベティスの指揮官に就任。昨季にはリーガを7位で終えて、ヨーロッパリーグ出場権を獲得した。しかしながら、ヨハン・クライフ氏への憧れから緻密なポゼッションフットボールに執着するセティエン氏の哲学は、当初から情熱的なベティスサポーターの心をつかんでいるわけではなかった。

 そして今季のチームはヨーロッパリーグでベスト32、コパ・デル・レイでは準決勝で敗退し、リーグ戦の最終成績が10位と来季のヨーロッパリーグ出場権も獲得できず。セティエン氏のフットボールを退屈なものとみなし続けたサポーターは結果が伴わなかったことを受けて、「キケ出て行け!」というチャントを叫ぶ有様となり、結局セティエン氏はクラブを後にすることになった。

 ベティス退団後、スペイン『マルカ』とのインタビューに応じたセティエン氏は、同クラブのスポーツ面のプロジェクトを途中で放棄せざるを得なくなった理由について、次にように説明している。

 「スタジアムでは多数のファンが、私が指揮し続けることがないよう執拗に求めていた。そんな状況で来季も続けることは困難なことだった」

 「あれだけ刺々しい雰囲気で新たなシーズンを始めることは難しい。もう状況は難しいものとなっていたし、それはベティスの会長と副会長にとっても同じことだった。彼らは私なんかよりも、さらに大きな責任を背負っている。彼らは自分たちのプロジェクトに期待を抱いていたが、しかし状況はもう手に負えるものではなくなっていたんだよ。今回のクラブの決断は理解できるもので、完全に道理にかなったものだ」

 『マルカ』電子版が実施したアンケートにおいては、セティエン氏の監督退任に疑問を呈する票数が得票率の75%を超えていた。しかし同氏は、それがセビリアの町を包む雰囲気とは比例していないとの見解を示す。

 「思うに、セビリアとその外で受ける印象は異なっている。セビリアは特別な町で、私も理解をするのに苦労した。多くのことに我慢しなければならなかったんだ」

【続きを読む】