2019.5.21 07:07

チャビ、現役ラストマッチ終える…キャリア20年で主要タイトル32個獲得

チャビ、現役ラストマッチ終える…キャリア20年で主要タイトル32個獲得

チャビ、現役ラストマッチ終える…キャリア20年で主要タイトル32個獲得

チャビ、現役ラストマッチ終える…キャリア20年で主要タイトル32個獲得【拡大】

 かつてバルセロナで活躍したアル・サッドMFチャビ・エルナンデスが、現役ラストマッチを終えた。

 今季限りでの現役引退を表明していたチャビ。プロ選手として20年を過ごし、1000試合以上に出場してきた39歳の元スペイン代表MFは、20日のAFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節ペルセポリス戦に出場。90分間フル出場を果たした。なおチームは1-2と敗れたが、首位でラウンド16進出を決めている。

 この試合は、チャビにとって現役ラストマッチに。試合前には、レジェンドを称えるセレモニーが行われている。

 バルセロナの下部組織出身で、18歳の時にトップチームデビューを果たしたチャビ。その後17年にわたってプレーし、クラブ歴代最多となる767試合に出場。チャンピオンズリーグ4度制覇やリーガ優勝8回、コパ・デル・レイ3度制覇など、主要タイトル25個を獲得し、バルセロナの黄金期を支えた。そして2015年にアル・サッドに加入すると、先日初めてカタール・スターズリーグ優勝を達成するなど、4つのタイトルを獲得した。

 また20歳のときにデビューしたスペイン代表では、2014年のワールドカップまで14年間で歴代3位となる133試合に出場。2010年のW杯では全試合に出場して優勝に貢献し、2008年、2012年のEURO連覇も達成するなど、欧州を席巻したスペイン代表の中心選手として活躍した。

 偉大なキャリアに終止符を打ったチャビ。先日にはスペイン『EFE通信』とのインタビューで「まずはカタールで監督業を始めることを考えている。自分自身を試し、経験を積む上で、それほど大きな重圧を感じなくて済むからね。そして、目標は欧州に戻ること、とりわけバルサに復帰することになる」と語り、将来的には古巣復帰を目指すと語っている。スパイクを脱いだスペインのレジェンドは、今度は指導者として現役時代と同じような成功を求めることになる。(Goal.com)